風邪と間違いやすいインフルの治療とリレンザ料金

冬になると体調を崩す人が非常に多くなります。それは気温が非常に低下し、体温なども低下して血行が悪くなるためです。体温が一度低下すると人間の免疫力や抵抗力は低下すると言われています。そのため風邪をひいて発熱したり、頭痛や下痢をしてしまう人も少なくありません。また冬には空気が乾燥するためにインフルエンザウイルスの活動が活発になります。体温が下がり免疫力の低下した体に、すきを狙って侵入するようになります。
インフルエンザウイルスが体内に入ると一日から三日の潜伏期間ののち、急激な高熱や激しい下痢、嘔吐、咳、鼻水に見舞われるようになります。このインフルエンザは症状が風邪に似ているためによく誤解され、医療機関を訪れず自分で治療しようとする人がいます。しかしインフルエンザは自然治癒で完治させることができません。ウイルスが肺で増殖することによって症状が起こるので、医療機関でタミフルなど専門の治療薬を処方してもらいウイルスの増殖を食い止める必要があります。
タミフルを飲むとすぐにウイルスの増殖が抑制され高熱や下痢の症状が緩和します。しかし症状が緩和されたからと言ってタミフルの服用を途中でやめてはいけません。医師が定めた期間、容量を守ってタミフルやリレンザを服用しなければ体内のウイルスを死滅させ完全に体外に排出することができません。冬場の体調の不調は風邪と誤解したり、その症状を甘く見るとインフルエンザを重篤化させ、死に至ることもあるので、早めの医療機関の受診を心がけることが大事です。治療薬のタミフルとリレンザの違いは何かと疑問に思う人も多い傾向にあります。リレンザはタミフルと違って薬剤を吸入器で吸い込み、肺に薬を充満させて治療する薬です。料金体系もタミフルとほとんど料金は変わりません。タミフルの錠剤が飲み辛い人は料金もほとんど変わらないのでリレンザに治療薬を切り替えて治療を施すとよいでしょう。