子供に与えるべきインフルエンザ治療薬とは?

インフルエンザの子供
子供に与えるべきインフルエンザ治療薬の中で、安全性が高く、使いやすさがあるものの一つにリレンザがあります。リレンザは、インフルエンザA型、B型の治療に効果を発揮します。
インフルエンザにかかりますと、免疫力が十分に備わっていない子供の場合、ウイルスによる体への蔓延が早く、症状が重くなりやすい傾向があります。重症の部類になりますと投薬量も増えて、体への負担も増すばかりになります。
出来るだけ早くインフルエンザの体内での増殖を食い止めるためには、インフルエンザが侵入してきた経路に直接働きかけることが効果的です。リレンザは、侵入経路である気道に吸入する形をとります。これにより、インフルエンザが遊離する際に働く酵素を阻害しますので、インフルエンザの活動も鎮静化されて、次第に症状は楽になっていきます。吸入は専用の器具を使いますので、いたって簡単に利用することができます。一瞬にして終わることから、薬の服用を嫌がる子供にも抵抗はなく、定期的な使用を守ることもできます。
リレンザを吸入して、十分な休息を与えることによって、解熱などの症状がいち早く緩和することがわかります。子供の治癒力は、リレンザの手助けによって高まっていきます。一旦、治ったように思える位の回復状態に至ることがありますが、インフルエンザの潜伏状況によっては、油断することなく継続した治療が必要になります。リレンザは、医師の診断の元で処方を受けることになります。使用期間は、5日間が目安になります。自己判断によって使用を見合わせたり延長するこのは避けて、その都度診断を仰ぎます。また、リレンザの効果を高めるための生活の過ごし方についての指導も大切になります。