インフルエンザの症状と潜伏期間

インフルエンザの主な症状はいきなり高熱が出る、悪寒や倦怠感が強い、呼吸器の症状、咳が出て痰がからむ、下痢や腹痛、食欲不振、関節痛や筋肉痛などが挙げられます。ウイルスに感染すると約1日から2日間の潜伏期間を経ていきなり38℃以上の高熱が上がります。それと同時に関節痛や筋肉痛などの重い症状も現れます。

風邪との違いは様々ですが、流行する時期に違いがあります。風邪は1年を通してみられますが、インフルエンザは11月から12月に流行が始まり、1月から3月にかけてピークを迎えます。また、風邪は発症後経過が緩やかですが、インフルエンザは急激に高熱が出ます。

インフルエンザの種類

インフルエンザには3種類ありそれぞれ症状なども異なります。

インフルエンザA型
1つ目はA型インフルエンザです。A型のウイルスは1番激しい型です。主な症状は38℃を超える高熱や、倦怠感、深刻な呼吸器系の合併症、のどの強い痛み、関節痛や筋肉痛、脳炎や脳症を引き起こす場合があるなどです。
インフルエンザB型
2つ目はB型インフルエンザです。B型ウイルスは以前までは年数単位で流行していましたが、近年では毎年のように流行しています。主な症状はお腹の風邪と似ていて、下痢や腹痛を訴える人が多いです。また人と人の間でしか感染しません。
インフルエンザC型
3つ目はC型インフルエンザです。C型インフルエンザに1度かかると免疫ができて終生持続すると考えられています。そのため再びかかってしまった場合でも鼻水だけで気づかずに普通の風邪だと思う人もいます。主な症状は、鼻水くらいで他のインフルエンザに比べるとかなり軽いです。

これらのインフルエンザにかかってしまった場合は、タミフルやリレンザといった薬を服用すると改善に向かいます。熱が下がってきたからといって外出は絶対にしてはいけません。体内にまだウイルスが残っているので他人へ感染させてしまいます。特に会社や学校がある人は注意が必要です。また予防として流行する前に予防注射がおすすめです。

インフルエンザA型・B型・C型の潜伏期間は同じ?

一般的にインフルエンザの潜伏期間は1日から3日といわれていますが、最大で10日間になる場合もあります。A型、B型、C型とありますが、A型インフルエンザが最も感染力が強く、Cインフルエンザ型が最も弱いです。その為潜伏期間も異なります。A型インフルエンザの潜伏期間は12時間から48時間です。B型インフルエンザとC型インフルエンザは1日以上となります。潜伏期間中は感染する事はあまりありません。インフルエンザは飛沫感染か接触感染がほとんどです。なので、症状が出ないうちはうつることはありません。また、潜伏期間中の検査は意味がないとされています。検査は発症してから半日から1日経過しないと確実な結果を出す事ができない為です。

インフルエンザの潜伏期間中に対策できること

潜伏期間中に自分でできる事として7つあります。

うがい
1つ目は手洗いうがいです。手洗いは接触による感染を防ぎ、うがいはのどの乾燥を防ぎます。
換気
2つ目は換気です。狭い部屋などでは長時間ウイルスが浮遊する事もあるので、2時間に1回程の換気がいいです。
加湿
3つ目は加湿です。ウイルスは低温や低湿を好みます。その為加湿は重要です。最適な湿度は50%くらいです。
室温の暖め
4つ目は室温を暖める事です。ですが、あまり高すぎてもよくないので、快適に感じる20℃前後をキープするといいです。
水分
5つ目は水分を摂る事です。水分を摂る事で、鼻からのどまでの粘膜に生えている線毛の活力を高める事ができます。
バランスの取れた栄養
6つ目は栄養をしっかり摂る事です。バランスのとれた食事をしっかり食べる事で、体力をつけて抵抗力を高めます。特にビタミンDが大切だとされています。魚やしいたけなどに多く含まれています。
睡眠
最後の7つ目は睡眠をしっかりとる事です。体力を回復させる睡眠は非常に重要になります。できるだけ夜の12時前には就寝するようにするとベストです。

いずれも早めに薬を服用すると完治も早いです。インフルエンザ潜伏期間 - インフルエンザ治療・予防薬@通販