インフルエンザの症状とリレンザで行う処置

日本の冬は非常に寒さが厳しい傾向にあります。その寒さのせいで人体に様々な支障がきたすようになります。気温が低下するために血行が悪くなり、免疫力や抵抗力も低下するようになります。免疫力が低下すると風邪をひいたり、インフルエンザに感染しやすくなります。インフルエンザに感染すると高熱が出たり咳や鼻水が酷く、また嘔吐や下痢を繰り返すようになります。インフルエンザになると高熱で関節痛が酷くなるために、立っているのも辛くなり仕事に行くこともできなくなります。
またインフルエンザは感染者の飛沫などで感染したり、接触感染するなどして感染が拡大していきます。症状が重篤化しないように、また人に感染させないためにもできるだけ早く医療機関を訪れ治療を施すことが大事です。インフルエンザの処置方法として専門治療薬が処方されます。
リレンザやタミフルといった治療薬が非常に有効であるといわれています。処置方法のひとつリレンザでの治療は、粉末薬を専用の吸入機器にセッティングし、それを思いっきり吸い込みます。こうした吸入薬での処置方法は肺でのウイルスの増殖をダイレクトに抑制することになりので、効果が非常に発揮されやすく次第に症状も緩和していきます。しかし熱が下がったり、咳や鼻水、関節痛の症状が緩和したからと言ってすぐにリレンザの吸入をやめてはいけません。ウイルスの増殖を完全に押さえ、体内からすべてのウイルスが排出されるまでに一週間程度はかかるといわれています。他人にウイルスを撒き散らし感染させないためにも、一週間は安静に治療に専念しリレンザを決められた分だけ吸入することが大事です。またタミフルで治療する場合も同様であり、一週間程度は薬を飲み続けなけれいけません。